介護保険

 介護が必要となった場合に、その能力に応じて自立した日常生活を営むために必要な介護サービスが受けられる社会保険制度です。
 40歳以上のすべての人が加入しています。(加入手続は不要)

第6期介護保険事業計画

 次のファイルをダウンロードして、ご確認ください。

タイトル ファイル名 コメント
栗原市高齢者福祉計画・介護保険事業計画 keikaku_h27-29.pdf [3999KB pdfファイル] A4判 114ページ
PDF形式のファイルを見るためには、Adobe Readerが必要です。
このリンクからAdobe Readerのダウンロードサイトを別ウィンドウ(タブ)で開きます。
リンク画像:アドビリーダーのダウンロードページへのリンク

加入対象者

  • 第1号被保険者 65歳以上の人
  • 第2号被保険者 医療保険に加入している、40歳から64歳までの人

介護サービスを受けるための手続き

 介護サービスを受けるには申請をしていただき、介護が必要であると認定される必要があります。
 ただし、第2号被保険者は、介護保険で対象となる特定疾病の診断を受けている必要があります。

 詳しくは、次のリンク先のページでご覧ください。
 介護認定 のページへ移動する

利用できる介護サ-ビス

  • 訪問介護
  • 訪問入浴介護
  • 訪問リハビリテ-ション
  • 訪問看護
  • 通所リハビリテーション
  • 認知症対応型共同生活介護
  • 居宅療養管理指導
  • 短期入所サ-ビス
  • 福祉用具購入費の支給
  • 特定施設入所者生活介護
  • 福祉用具貸与
  • 住宅改修費の支給
  • 通所介護

居宅サービス計画等作成依頼(変更)届出

 在宅で介護サービスを利用するには、居宅サービス計画(ケアプラン)の作成が必要です。
 居宅(介護予防)サービス計画作成依頼(変更)届出書は、居宅介護支援事業者に居宅サービス計画の作成を依頼し、合意したことを市へ届出していただくものです。

届出する人

 ご本人やご家族、または依頼する事業者の方

届出の時に必要なもの
  1. 介護保険被保険者証
  2. 印かん(届出書に押印欄があります)
届出書

 次のファイルをダウンロードして、ご利用ください。

タイトル ファイル名 コメント
居宅サービス計画等作成依頼(変更)届出書 kyotaku-111612.doc [41KB docファイル] A4判 1ページ

受領委任払い制度

 福祉用具購入費の支給・住宅改修費の支給については、「受領委任払い」を利用できます。
 2013年4月1日から、福祉用具購入費の支給および住宅改修費の支給については、「受領委任払い」の利用も可能となりました。
 「受領委任払い制度」は、利用者の一時的な負担を軽減するため、利用者が1割分を事業者に支払い、残りの9割分は利用者の委任に基づき、市が直接事業者に支払う制度です。

対象者

 次のいずれにも該当する方が、利用の対象者となります。

  • 栗原市の被保険者であり、要支援・要介護認定を受けている方
  • 病院や施設に入院、入所中でない方
  • 保険料の滞納による給付制限等を受けていない方
  • 受領委任払いの利用について、販売・工事業者の同意を得ている方
申請方法

 受領委任払い制度を利用するには、福祉用具の購入前または住宅改修の着工前に、承認(事前)申請が必要となります。
 まずは、ケアマネージャーおよび栗原市介護福祉課に相談してください。

ダウンロード

 次の各ファイルをダウンロードし、ご利用ください。

タイトル ファイル名 コメント
福祉用具購入費等受領委任払承認申請書 fy-jib_sinsei.doc [75KB docファイル] A4判 2ページ
福祉用具購入費支給申請書 fy_sinsei.doc [78KB docファイル] A4判 1ページ
住宅改修費支給申請書 jk_sinsei.doc [55KB docファイル] A4判 1ページ
住宅改修理由書 jk_riyu.xls [43KB xlsファイル] A4判 2ページ
住宅改修承諾書 jk_syodak.doc [21KB docファイル] A4判 1ページ
委任状 ininjyo.doc [31KB docファイル] A4判 1ページ
相続人代表者指定届 souzokunin.xlsx [56KB xlsxファイル] A4判 1ページ

施設サ-ビス

  • 介護老人福祉施設(特別養護老人ホ-ム)
  • 介護老人保健施設(老人保健施設)
  • 介護療養型医療施設(療養病床など)
利用内容
  • 要支援状態の人 在宅サ-ビスのみ利用できます。
  • 要介護状態の人 在宅サ-ビスまたは施設サ-ビスが利用できます。

 ※ サ-ビスを利用した場合は、原則として費用の1割の自己負担が必要です
 ※ 施設に入所された場合は、食事代や日常生活費などの自己負担が必要です

負担限度額認定

 低所得者の方は施設利用が困難にならないように、申請により、食費と居住費の一定額以上は保険給付されます。
 所得に応じた負担限度額までを支払い、残りの基準費用額との差額分は介護保険から給付されます。

対象となるサービス
  • 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
  • 介護老人保健施設
  • 介護療養型医療施設
  • 短期入所生活介護
  • 短期入所療養介護(ショートステイ)
対象者

 負担が軽減される方は、下記の第1段階から第3段階までに該当する方です。

利用者負担段階 対象者となる方(次のいずれかに該当する場合)
第1段階 住民税非課税世帯で老齢福祉年金受給者、生活保護受給者
第2段階 住民税非課税世帯で【合計所得金額+課税年金収入額+非課税年金収入額】の合計年額が80万円以下の方
第3段階 住民税非課税世帯で利用者負担第2段階に該当しない方
第4段階 利用者負担第1段階から第3段階のいずれにも該当しない方

※第4段階の方は軽減が受けられません。食費・居住(滞在)費等の自己負担額は、施設との契約により、自己負担額が決められることになります。

【居住費・食費の自己負担限度額(1日あたり)】
利用者負担段階 居住(滞在)費 食費
従来型個室 多床室 ユニット型個室 ユニット型準個室
第1段階 490円(320円) 0円 820円 490円 300円
第2段階 490円(420円) 370円 820円 490円 390円
第3段階 1,310円(820円) 370円 1,310円 1,310円 650円

※( )内の金額は、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)に入所した場合、または短期入所生活介護(ショートステイ)を利用した場合の額です。

次のいずれかに該当する場合は対象となりません
  1. 住民税非課税世帯でも、世帯分離している配偶者が住民税課税者である場合
  2. 住民税非課税世帯(世帯分離している配偶者が住民税非課税者)でも、預貯金等が一定額(単身1,000万円、夫婦2,000万円)を超える場合
申請の時に必要なもの
  1. 介護保険被保険者証
  2. 印かん(申請書に押印欄があります)
  3. 介護保険負担限度額認定申請書
  4. 預貯金(普通・定期)、有価証券等の通帳のコピー(必ず記帳してからコピーしてください)
    以下の両方が必要です。
    • 銀行名・口座番号・名義人等が記載してあるページ
    • 提出日からさかのぼって2か月分の記載ページ

 ※本人および配偶者名義の全ての通帳について、残高の多少に関わらず、コピーが必要です。 

申請書

 次のファイルをダウンロードして、ご利用ください。

タイトル ファイル名 コメント
負担限度額認定申請書 gendogaku_sinnseisyo.xls [132KB xlsファイル] A4判 4ページ

高額介護サービス費

 2017年(平成29年)8月から月々の負担の上限(高額介護サービス費の基準)が変わります。

 高齢化が進み介護費用や保険料が増大する中、サービスを利用している方と利用していない方との公平や、負担能力に応じた負担をお願いする観点から、世帯のどなたかが市区町村民税を課税されている方の負担の上限が37,200円(月額)から44,400円(月額)に引き上げられます。
 ただし、介護サービスを長期に利用している方に配慮し、同じ世帯の全ての65歳以上の方(サービスを利用していない方を含む。)の利用者負担割合が1割の世帯は、年間446,400円(37,200円×12ヶ月)の上限が設けられ、年間を通しての負担額が増えないようにされます。(3年間の時限措置)
 国の制度改正により、介護保険の高額介護(予防)サービス費の基準が2017年(平成29年)8月から、下の表のとおりに変更となります。詳細はリーフレットでご確認ください。

 ※高額介護(予防)サービス費とは、介護サービス費を利用する場合にお支払いいただく利用者負担(福祉用具購入費、住宅改修費、居住費、食費等は除く)には、1か月の負担上限額が設定されております。1か月に支払った利用者負担が負担上限額を超えた場合に、超えた分が払い戻される制度です。

表 高額介護(予防)サービス費の負担上限額の基準

 ※(世帯)とは、住民基本台帳上の世帯員で、介護サービスを利用した方全員の負担の合計の上限額を指し、(個人)とは、介護サービスを利用したご本人の負担の上限額を指します。

対象となる方 これまでの1か月の
負担上限額
2017年(平成29年)8月からの1か月の
負担上限額
現役並み所得者に相当する方がいる世帯の方
 ※現役並み所得者とは65歳以上で課税所得145万円以上の方
 ※同じ世帯の65歳以上の方の収入が合計520万円未満(単身の場合は383万円未満)の場合は、申請により「世帯のどなたかが住民税を課税されている方」と同じ年間上限額が適用されます。
44,400円(世帯) 44,400円(世帯)
世帯のどなたかが住民税を課税されている方 37,200円(世帯) 44,400円(世帯)【見直し】
 ※同じ世帯の全ての65歳以上の方の利用者負担割合が1割の世帯は、年間上限額446,400円を新たに設定
世帯の全員が課税されていない方で、前年の合計所得金額と公的年金収入額の合計が年間800,001円以上の方 24,600円(世帯) 24,600円(世帯)
世帯の全員が課税されていない方で、前年の合計所得金額と公的年金収入額の合計が年間800,000円以下の方 24,600円(世帯)
15,000円(個人)
24,600円(世帯)
15,000円(個人)
生活保護の受給者の方等 15,000円(個人) 15,000円(個人)

厚生労働省作成リーフレット
次のファイルをダウンロードして、ご利用ください。

タイトル ファイル名 コメント
高額介護(予防)サービス費の見直しにおける運用について kougakukaigo_unyou[324KB pdfファイル] A4判
2ページ

介護保険料

介護保険料の納め方

被保険者の区分 納付方法
第1号被保険者 介護保険料は原則として、年金から差し引かれます。
ただし、年金額が年額18万円未満などの場合は、納付書で納めていただきます。
第2号被保険者 加入している医療保険の保険料に上乗せして、納めていただきます。

介護保険料の算定方法(平成27年度から29年度)

第1号被保険者(65歳以上の人の保険料)

 所得に応じて、9段階の保険料に分かれます。

所得段階 対象 保険料
第1段階 ・生活保護の受給者
・世帯全員が市民税非課税で、老齢福祉年金受給者
・世帯全員が市民税非課税で、前年の課税年金収入額+合計所得金額が80万円以下の人
(基準額×0.45)
年額32,184円
月額2,682円
第2段階 世帯全員が市民税非課税で、前年の課税年金収入額+合計所得金額が80万円を超え120万円以下の人 (基準額×0.75)
年額53,640円
月額4,470円
第3段階 世帯全員が市民税非課税で、前年の課税年金収入額+合計所得金額が120万円を超える人 (基準額×0.75)
年額53,640円
月額4,470円
第4段階 本人が市民税非課税で、世帯内に市民税課税者がいる(本人の前年の課税年金収入額+合計所得金額が80万円以下) (基準額×0.9)
年額64,368円
月額5,364円
第5段階 本人が市民税非課税で、世帯内に市民税課税者がいる(本人の前年の課税年金収入額+合計所得金額が80万円を超える) (基準額)
年額71,520円
月額5,960円
第6段階 本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が120万円未満の人 (基準額×1.2)
年額85,824円
月額7,152円
第7段階 本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が120万円以上190万円未満の人 (基準額×1.3)
年額92,976円
月額7,748円
第8段階 本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が190万円以上290万円未満の人 (基準額×1.5)
年額107,280円
月額8,940円
第9段階 本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が290万円以上の人 (基準額×1.7)
年額121,584円
月額10,132円
第2号被保険者(40歳から64歳の人の保険料)

加入している医療保険に応じて、算定方法や納め方が違います。

  • 国民健康保険の人
    世帯にいる40歳から64歳の介護保険対象者の人数や、所得に応じて決まります。
  • 職場の健康保険の人
    健康保険組合、共済組合など、加入している医療保険の算定方式に基づいて決まります。

転入・転出するとき

 65歳以上の人、40歳から64歳までの要介護認定者の転入・転出の手続きは次のとおりです。

転入したとき
  • 介護保険資格取得届を提出していただきます。
  • 前住所地で要介護認定を受けていた人は、要介護・要支援認定新規申請手続きが必要です。
    ※ 前住所地で発行された受給資格証明書が必要です。
転出するとき
  • 介護保険資格喪失届を提出していただきます。
    ※ 介護保険被保険者証をご持参ください
  • 要介護認定を受けている人には、新しい住所地で引き続き認定を受けるために受給資格証明書を発行します。

問い合わせ先
【各総合支所市民サービス課】
 築館:22-1111 若柳:32-2121 栗駒:45-2111 高清水:58-2111 一迫:52-2111
 瀬峰:38-2111 鶯沢:55-2111 金成:42-1111 志波姫:25-3111 花山:56-2111