子ども・子育て支援新制度とは

画像:子ども・子育て支援新制度シンボルマーク 子ども・子育て支援新制度とは、平成24年8月に成立した「子ども・子育て支援法」、「認定こども園法の一部改正」、「子ども・子育て支援法及び認定こども園法の一部改正法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律」の子ども・子育て関連3法に基づく制度のことをいいます。

 新制度については、平成27年4月から施行されています。
 新制度の目的は、次の3つとされています。

  1. 質の高い幼児期の学校教育・保育の総合的な提供
    • 幼児教育と保育を一体的に提供する(幼稚園と保育所の機能を併せもつ)認定こども園の普及のため、認可・指導監督の一本化など制度の改善を図るとされています。
  2. 保育の量的拡大・確保、教育・保育の質的改善
    • 市町村は、地域のニーズを踏まえ「子ども・子育て支援事業計画」を定め、認定こども園や保育所、新設される地域型保育事業(家庭的保育事業、小規模保育事業、居宅訪問型保育事業、事業所内保育事業)を組み合わせて計画的に整備することとされています。
  3. 地域の子ども・子育て支援の充実
    • 地域における子育て支援に関するニーズに対応するため、「利用者支援」など新たな事業の創設や「放課後児童クラブ」、「一時預かり」などすでにある事業の充実を図ることとされています。

 栗原市では、平成25年度に「栗原市子ども・子育て会議」を設置しており、同年度実施したアンケート調査により把握した地域のニーズに基づき、平成26年度に「栗原市子ども・子育て支援事業計画」を策定いたしました。

栗原市子ども・子育て会議

 栗原市子ども・子育て会議については、事業計画の策定や、その後の進捗状況などについて調査、審議等を行うことを目的として設置した機関で、子どもの保護者や事業主、労働者の代表など16人の委員で構成しています。

タイトル ファイル名 コメント
栗原市子ども・子育て会議条例 kodomo_kosodate_jyourei.pdf [87KB pdfファイル] A4判 2ページ
PDF形式のファイルを見るためには、Adobe Readerが必要です。
このリンクからAdobe Readerのダウンロードサイトを別ウィンドウ(タブ)で開きます。
リンク画像:アドビリーダーのダウンロードページへのリンク

栗原市子ども・子育て支援事業計画

 栗原市子ども・子育て支援事業計画は、平成27年度から平成31年度までの5年間の計画であり、地域の子育て家庭の状況や、子育て支援のニーズを把握し、待機児童の解消のための保育の場の確保や、幼児期の教育と保育の質の向上を図る取り組みなど、地域ニーズに見合ったものを計画的に進めていくため策定したものであります。

 栗原市子ども・子育て支援事業計画は、次のファイルをダウンロードして確認してください。

タイトル ファイル名 コメント
栗原市子ども・子育て支援事業計画 kodomo_kosodate_sienkeikaku.pdf [5556KB pdfファイル] A4判
89ページ

計画書案に対する意見の募集

 栗原市子ども・子育て支援事業計画の策定にあたり、パブリックコメントを実施し、市民の皆さまからの意見を募集し、貴重なご意見・ご提言をいただきました。

 次のリンク先のページで、意見の募集結果をご確認いただけます。

 募集終了:栗原市子ども・子育て支援事業計画(案)提出されたご意見と市の考え方

アンケート調査

 栗原市子ども・子育て支援事業計画の策定に向け、子育てに関する意識・意見の把握、保育等のニーズ量を把握することを目的とし、「子どもと家族の状況」や「保護者の就労状況」、「教育・保育事業等の利用状況や利用希望」などについて、アンケート調査を実施しました。

  • 調査対象及び対象数
    就学前児童の保護者1,000名、小学校就学児童の保護者1,000名(いずれも無作為抽出)
  • 調査方法
    地区民生委員による配布・回収
  • 調査期間
    平成25年10月23日から平成25年11月15日
  • 調査票配付・回収状況
    調査対象 配付数 回収数 回収率
    就学前児童 1,000名 921名 92.1%
    就学児童 1,000名 925名 92.5%

 子ども・子育て支援新制度について、詳しくは内閣府のホームページをご覧ください。
 内閣府ホームページ「子ども・子育て支援新制度」ページを開く(外部リンク)