軽自動車税の税制改正について

 税制改正により、軽自動車税の税率が変更されました。

原動機付自転車および二輪車等

 平成28年4月1日から次のとおり税率が変更となりました。

画像:原動機付自転車および二輪車等の年税額

軽自動車の三輪および四輪以上のもの

 平成28年4月1日から次のとおり税率が変更となりました。 
 ※新車登録をした時期(車検証の『初度検査年月』)によって、税率が異なります。

画像:軽自動車の三輪及び四輪以上のものの年税額


重課税率

 グリーン化を進める観点から、新車登録から13年を経過した三輪以上の車両は、重課税率が適用されます。

 ※平成30年度は、平成16年12月31日以前に新車新規登録をした車両が重課税率の対象となります。
 ※次に挙げる車両は重課税率の対象となりません。

  • 電気軽自動車
  • 天然ガス軽自動車
  • メタノール軽自動車
  • 混合メタノール軽自動車
  • ガソリンを内燃機関の燃料として用いる電力併用軽自動車
  • 被けん引自動車
グリーン化特例(軽課税率)

 平成29年4月1日から平成30年3月31日までに新車登録した三輪以上の車両のうち、排出ガス性能および燃費性能の優れた環境負荷の小さな車両は、平成30年度分の税率に限りグリーン化特例(軽課税率)が適用されます。

画像:グリーン化特例に該当するもの

 グリーン化特例(軽課税率)の対象となる車両は以下のとおりです。

 

軽自動車税負担額の変化例(軽四輪乗用自家用車)

例1 最初の新規検査が平成16年4月の場合

 平成30年4月1日・・・12,900円(賦課期日現在、最初の新規検査から13年を経過した税率)

例2 最初の新規検査が平成29年5月の場合

 平成30年4月1日・・・10,800円(標準税率)
 平成43年4月1日・・・12,900円(賦課期日現在、最初の新規検査から13年を経過した税率)