「宮城県公害防止条例(昭和46年3月18日宮城県条例第12号)」第11条に基づく細倉鉱山の公害防止に関する協定を、次のとおり締結しました。

  1. 締結当事者
    甲:宮城県、栗原市  乙:三菱マテリアル株式会社
    丙:細倉金属鉱業株式会社、株式会社ジェムコ、マテリアルエコリファイン株式会社
  2. 締結年月日 2002年(平成14年)9月5日
    (一部変更 平成17年9月28日、平成18年3月27日、平成19年3月28日)
  3. 事業場の区域
    1. 細倉金属鉱業株式会社、株式会社ジェムコ、マテリアルエコリファイン株式会社、三菱マテリアル株式会社細倉環境研究センターの鶯沢地区内事業場
    2. 細倉金属鉱業株式会社 入釜沢捨石鉱さいたい積場
    3. 細倉金属鉱業株式会社 藤沢捨石鉱さい集積場
  4. 協定内容の概要
    1. 乙および丙となる事業者の意志決定機関として、細倉鉱山環境管理委員会を設置
    2. 宮城県と鉛川・二迫川水系自治体である栗原市および登米市で構成する「細倉鉱山に係る公害防止連絡協議会」の設置
    3. 大気汚染物質、水質汚濁物質などの自主検査結果の報告および公表
    4. 環境情報の公表や事業場の公開などの積極的推進
    5. 議会、公害防止連絡協議会、住民など、甲による事業場への立入調査
    6. 施設の設置などに関する事前協議
    7. 大気汚染防止対策
    8. 水質汚濁防止対策
    9. 騒音防止対策
    10. 振動防止対策
    11. 悪臭防止対策

細倉鉱山の公害防止に関する協定書 (PDF形式)

2002年(平成14年)9月25日に締結した協定書の全文は、次のファイルのとおりです。

タイトル ファイル名 コメント
細倉鉱山の公害防止に関する協定書 hosokura_kougai_kyoutei.pdf [60KB pdfファイル] 11ページ
PDF形式のファイルを見るためには、Adobe Readerが必要です。
このリンクからAdobe Readerのダウンロードサイトを別ウィンドウ(タブ)で開きます。
リンク画像:アドビリーダーのダウンロードページへのリンク

一部を変更する協定書 (PDF形式)

 公害防止に関する協定は、締結後の平成17年・18年・19年に内容の一部を変更しています。次のファイルから内容を確認できます。

タイトル ファイル名 コメント
公害防止に関する協定書の一部を変更する協定書(平成17年9月28日締結) hosokura_kyoutei_170928_.pdf [252KB pdfファイル] 10ページ
公害防止に関する協定書の一部を変更する協定書(平成18年3月27日締結) hosokura_kyoutei_180327.pdf [10KB pdfファイル] 2ページ
公害防止に関する協定書の一部を変更する協定書(平成19年3月28日締結) hosokura_kyoutei_190328.pdf [81KB pdfファイル] 4ページ

前のページに戻る