児童手当とは、児童の家庭における生活の安定と次代の社会を担う児童の健やかな成長を目的として、0歳から中学校修了前までの児童を養育する保護者等に手当を支給する制度です。
 支給金額は児童の年齢、請求者の所得によって異なります。

支給の要件

 中学校終了前(15歳に達する日以降の最初の3月31日)までの児童を養育しており、栗原市に住所を有する父母(養育者を含む)等が対象となります。
 父母で生計を維持する程度が高い方、または養育者(父母が育てていない場合)が請求者となります。
 ただし、以下の場合などは受給者の認定基準が異なります。

(例外)

  • 離婚調停中などで父母が別居している場合、児童と同居している人に優先的に手当を支給します。
  • 父母が海外に住んでいる場合、その父母が日本国内に児童を養育している人を指定すればその人(父母指定者)に支給します。
  • 児童福祉施設などに入所している児童や里親などに委託されている児童に対する児童手当は、施設の設置者や里親などが受給資格者になります。
  • 児童が海外へ留学中である場合(児童が日本国内に住所を有しなくなった前日までに日本国内に継続して3年を超えて住所を有していたこと)。

児童手当の支給

支給時期

原則として、6月(2月から5月分)・10月(6月から9月分)・2月(10月から1月分)の10日(その日が金融機関の休業日の場合は、その前の営業日)に口座振込にて支給します。

支給月額(児童1人あたり)

児童の年齢 児童手当月額
3歳未満 一律 15,000円
3歳以上小学校修了前(第1・2子) 一律 10,000円
3歳以上小学校修了前(第3子以降) 一律 15,000円
中学生 一律 10,000円
所得制限者 一律 5,000円

※第3子以降とは、高校卒業(18歳に達する日以降の最初の3月31日)までの養育している児童のうち、3番目以降の子をいいます

支給開始月

 児童手当の支給は、児童手当を請求した日の属する月の翌月分から始まります。
 受給資格が生じた場合は、お早めに手続きください。
※児童の出生日の翌日から起算して15日以内、栗原市に転入された方は全住所地の転出予定日の翌日から起算して15日以内、公務員を退職(または独立行政法人等へ出向)された方は退職日の翌日から起算して15日以内に認定請求すれば、出生日や転出予定日、退職日の属する月の翌月分から児童手当の支給が始まります。

所得制限限度額

 2017年(平成29年)6月から2018年(平成30年)5月分までの手当は平成29年度(平成28年中)所得で判定します。

扶養親族等の数 所得額 収入額
0人 622万円 833.3万円
1人 660万円 875.6万円
2人 698万円 917.8万円
3人 736万円 960.0万円
4人 774万円 1002.1万円
5人 812万円 1042.1万円

※所得制限限度額は世帯合算ではなく、児童手当の受給者の所得額が対象
※所得税法に規定する老人控除対象配偶者または老人扶養親族がいる方の限度額(所得額ベース)は、上記の額に当該老人控除対象配偶者または老人扶養親族1人につき6万円を加算
※扶養親族数の数が6人以上の場合の限度額(所得額ベース)は、5人を超えた1人につき38万円(扶養親族等が老人控除対象配偶者または老人扶養親族であるときは44万円)を加算
※扶養親族数は、税法上の扶養人数とする。

認定請求の手続き

 児童手当を受給するためには認定請求が必要です。
 ※受給中であっても、以下のファイル『申請必要手続一覧』の項目に該当する際は、各種手続が必要です。
 ※公務員は勤務先からの支給になりますので、勤務先で手続きをしてください。
  ただし、勤務先が独立行政法人の方は栗原市から支給しますので、市内各総合支所で手続きをしてください。

タイトル ファイル名 コメント
申請必要手続一覧 sinsei_ichiran.docx [19KB docxファイル]  A4判 1ページ

お持ちいただくもの

  1. 請求者の健康保険被保険者証の写し(国民健康保険加入者は必要なし)
  2. 請求者名義の金融機関の口座番号がわかるもの(預金通帳等)
  3. 印鑑(スタンプ印以外のもの)
  4. 平成29年度の所得証明書(2017年(平成29年)1月1日に栗原市に住民登録がない人のみ必要)
  5. マイナンバーの証明書類および本人確認書類
    ※マイナンバー制度開始に伴って提出いただくことになります。
     具体的な書類については「社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)」にて確認ください。
     社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)のページに移動する

※状況に応じて上記以外の書類が必要になります。

現況届の提出

 現況届は、毎年6月1日に児童手当を受給している人が、今後も手当を受ける資格があるかどうかを確認するために提出していただくものです。
 現況届を提出しない場合、6月以降の手当を受給できなくなります。提出を忘れないようご注意ください。
※6月1日に児童手当を継続受給される方へ通知を送付しますので、指定された期間内に届出をしてください。
※5月以降の異動(出生、転入等)で新たに児童手当の手続きをして、6月分から支給開始となる方は、現況届の提出は不要です。

提出先

 各総合支所市民サービス課

必要なもの

  • 印鑑
  • 請求者および養育している子の健康保険証の写し(国民健康保険加入者は必要なし)

※2017年(平成29年)1月1日に栗原市に住民登録がない人は、前住所地の市町村から児童手当用所得証明書を取得し添付してください。
※状況に応じてその他の書類提出が必要になります。