暑い日が続いています。7月に入り、県内でも熱中症と思われる症状で救急搬送されている方が増えています。市内においても熱中症がみられています。

 気温や湿度の高い状態が続くと、熱中症になる危険性が高くなります。
 熱中症は屋外だけではなく、屋内においても発生します。水分補給や温度管理などで、熱中症を予防しましょう。
 熱中症は重症化すると、命にもかかわる可能性がありますが、正しい知識と適切な対応で予防しましょう。

熱中症とは・・・

  気温や湿度の高い暑い環境の中で、体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体の体温調節機能が正常に働かなくなることによって、体に現れるさまざまな症状をまとめて熱中症と呼んでいます。

こんなときにおこりやすい

 熱中症は気温や湿度が高く、風が無かったり、弱かったりする日におこりやすいです。
 屋外では、直射日光、アスファルトからの照り返しの強い場所、風通しの悪い場所など、屋内では室温や湿度の高い浴室や体育館などには気をつけましょう。
 暑い日に作業する際は、日陰を確保して一定時間ごとに休憩を取りましょう。なるべく2人以上でお互いの体調を確認しながら行いましょう。体調が悪い日は作業は休むようにしましょう。
 高齢者や幼児、体調の悪い人、持病のある人、暑さに慣れていない人が熱中症になりやすいので、気をつけましょう。

熱中症を予防しましょう

1. 暑さを避けましょう

  • 外出時は、帽子や日傘を利用し、日陰などを歩き、直射日光を防ぎましょう。
  • 服は通気性がよく、汗を吸収蒸発させやすい素材を選び、襟元を緩め、空気が流れやすいようにしましょう。
  • エアコンや扇風機を上手に使いましょう。

2. こまめに水分補給をしましょう

  • のどの渇きを感じる前に、こまめに水分を摂るようにしましょう。
  • 大量に汗をかいた時は、スポーツドリンクなどで塩分も補いましょう。

3. 暑さに備えた体作りをしましょう

 本格的に暑くなる前に、少しずつ体を暑さに慣らすことも大切です。1日30分程度の運動(ウォーキングなど)を2週間から3週間程度続けることで、暑さに慣れて汗をかきやすく、熱を発散しやすくなります。
 また、毎日の食事も大切です。3食バランスよく食べ、暑さに負けない体を作りましょう。

このような症状が出たら、熱中症を疑いましょう

  • めまい、立ちくらみ
  • 軽い頭痛、吐き気
  • 体のだるさ、体に力が入らない
  • 顔のほてり、顔が赤くなる
  • 汗が大量に出る
  • 足がつる、こむらがえり

熱中症かもと思ったら・・・

  • 木陰やエアコンのきいた涼しい場所に移動しましょう。
  • 服をゆるめ、体からの熱を逃がし、首のまわり、わきの下や足のつけ根などを氷で冷やしましょう。
  • 水分や塩分を補給しましょう。
    ※ただし、意識障害があるときは気道に入る恐れがあるので、口からの水分補給は禁物。その時は救急車を呼びましょう。
  • 反応がおかしいなどの意識障害や反応が鈍いとき、歩けない、けいれんがあるときはすぐに救急車を呼びましょう。

熱中症の関連リンク

 熱中症に関する詳しい情報は、次のリンク先をご参照ください。
 各リンクをクリックすると、新規ページで開きます。

 宮城県ホームページ「熱中症を予防しましょう」のページを開く(外部リンク)

 環境省熱中症予防情報サイトを開く(外部リンク)

 環境省ホームページ「熱中症環境保健マニュアル」のページを開く(外部リンク)

 総務省消防庁ホームページ「熱中症情報」のページを開く(外部リンク)

 厚生労働省ホームページ「熱中症関連情報」のページを開く(外部リンク)