森の循環の復活を目指して

 「森の循環の復活」を目的に、「木材の需要喚起につながるライフスタイルの提案」を活動のテーマに据え、「木を伐(き)って、木を燃やそう、木を使おう、木で作ろう、木で遊ぼう、そして木を植えよう」というスローガンに沿って、同じ活動目標を持った人たちが集まり、自分達の活動経費を捻出できる強い組織を目指しスタートしました。

間伐材の有効活用

写真:活動風景

 定例活動として、薪(まき)作りやカンナを使ったマイ箸(はし)作り、鉞(まさかり)を使った薪割りのワークショップ、また間伐材活用や薪ストーブをテーマにしたセミナーを開催し、延べ500人近い方々に参加いただきました。さらに、学校や子供会等を対象に木を使ったワークショップの出前講座の開催や、間伐材利活用の一環として、「ウッドブロック」(同比率同サイズの白木の積木)の普及活動を展開しています。

 また、薪の需要拡大を目的とした、松や杉も燃やせる薪ストーブ「夢ストーブ元樹」の普及活動、及び個人宅のイグネ(屋敷林)伐採処理も活動の柱として実施し、潜在的なニーズがある事が確認できました。
 昨年8月には、未利用材(間伐材・林地残材・道路支障木等)の受け皿として「間伐材ステーション仙台茂庭」をスタートし、念願であった活動拠点もできました。さらに、本年2月から石巻市北上町の温泉施設を拠点に同様の活動がスタートしました。

今後の活動にむけて

写真:代表の蛇口さん

 再生可能エネルギーの普及や資源の地産地消が森林保全に繋がる事を信じ、今後とも活動に専念していきたいと思います。

 木材を使用したライフスタイルを提案する活動を通じて、日常生活で木材が必要とされ、山に人の手が入るという流れを復活させる事ができればと考えています。

事務局(連絡先)

  • 団体名称:フォレストサイクル元樹(げんき)
  • 代表:蛇口 昌俊(へびぐち まさとし)さん
  • 所在地:栗原市若柳字上畑岡大立85番地3
  • 電話番号:090-9631-1610
  • Eメールアドレス:npo@fs-genki.com

 詳しくは次のリンク先を確認してください。
 フォレストサイクル元樹のホームページを開く(外部リンク)