掲載:2008年7月11日(金曜日)

経験を活かした農村振興

 農村地域づくり支援隊は、会員がこれまで培った農村振興に関するノウハウを活かし、何らかの形で社会に貢献したいとの思いから、県職員OBらで結成されました。
 主な事業として、災害が起きた際の農業関係に対する復興支援や、農業用施設の保全管理などに取り組み、みやぎの農村地域の活性化に貢献することを目指して日々の活動を行っています。

今後の活動

 農村地域づくり支援隊の当面の活動の柱は、農地・水・環境保全向上対策事業を行う地域への支援です。
 栗原市在住の理事・櫻井 清さんは、「地域の皆さま方がこの事業を実践していく中で、課題にぶつかることがあると思うので、我々の経験を活かし、地域の手助けができたらいい。」と、意気込みを語ってくれました。