毎月「19日」は食育の日!

 毎月「19日」は食育の日です。
 今月は「肥満」について一緒に考えみましょう。

 第2期栗原市食育推進計画では、肥満者の割合が減ることを目標に掲げています。
 肥満を改善し、適正体重を維持することは、さまざまな生活習慣病の予防につながります。

自分の適正体重を知ろう。

 皆さんは、自分の適正体重をご存知ですか?
 自分では太っていると思っていても、実は適正体重だったり、むしろやせていたり一方標準だと思っていても、実は肥満の場合があります。

 食育通信に掲載されているBMI(体格指数)を計算し、自分の肥満度を確認してみましょう。
 BMI=体重(キログラム)÷身長(メートル)÷身長(メートル)
 適正体重=身長(メートル)×身長(メートル)×22
 ※BMIが22のとき、もっとも病気になりにくくなります。

栗原市は肥満者が多い!!

  • 平成28年度栗原市健診結果より
    40代男性の肥満者の割合が41.1%と最も多くなっています。また、平成27年度国民健康・栄養調査結果と比較すると全ての年代で、男女とも国の結果を上回っています。
  • 平成28年度栗原市健康診査問診結果より
    20歳のときから体重が10キログラム以上増加した割合と、夕食後に間食を取る割合はどちらも、男女とも30~50代の働き盛り世代が上位を占めています。

20歳のときから体重が10キログラム以上増加した割合

男性 40代(48.0%) 50代(42.1%) 60代(38.8%)
女性 50代(30.1%) 40代(25.9%) 60代(25.7%)

夕食後に間食を取る割合

男性 30代(26.1%) 40代(21.0%) 50代(14.8%)
女性 40代(22.9%) 30代(20.6%) 50代(16.2%)

チャレンジの春! 

  • 振り返ってみよう
    体を動かさない、お菓子をよく食べるなど、太りやすい生活や食べ方をしていませんか?
    自分の普段の生活や食べ方を振り返ってみましょう。
  • 何かひとつチャレンジしてみよう
    自分の生活や食べ方を振り返ったあとは、よく噛んで食べる、副菜から先に食べるなど何かひとつでいいので、新しい季節に、新しいチャレンジをはじめてみましょう。

 適正体重を維持するために、何からはじめていいのか迷っている方は管理栄養士・栄養士に気軽にご相談ください。

 家族で、職場で、仲間で「肥満」について考えたり、話し合ったりしてみましょう。
 そして、肥満を改善し生活習慣病を予防しましょう。

第2期栗原市食育推進計画目標値

 肥満者の割合を減らすことを目指しています。

 目指す目標値
  30代以上男性 25%以下
  40代以上女性 25%以下

食育通信(2017年(平成29年)3月号)の内容を見る

食育通信(2017年(平成29年)3月号)を発行しました。
ファイルをダウンロードして、ご覧ください。

食育についての詳しい活動内容などは、次のリンク先で確認できます。
 食育の主役は市民(あなた)です! のページへ移動する

タイトル ファイル名 コメント
食育通信(2017年(平成29年)3月号) syokuiku201703.pdf [466KB pdfファイル]  A4版2ページ
PDF形式のファイルを見るためには、Adobe Readerが必要です。
このリンクからAdobe Readerのダウンロードサイトを別ウィンドウ(タブ)で開きます。
リンク画像:アドビリーダーのダウンロードページへのリンク