農業者年金の受給の際は、栗っこ農業協同組合各支店での手続きが必要となります。
 なお、旧制度の経営移譲年金及び新制度の特例付加年金の受給を希望する場合は、手続き前に農業委員会事務局までご相談ください。

旧制度(2001年12月以前)

経営移譲年金

  • 60歳になるまでに経営移譲した場合は、60歳到達日の翌月から受給することができます。
  • 60歳から65歳になるまでの間に経営移譲した場合は、経営移譲終了日の翌月から受給することができます。
  • 年金単価は、支給開始時の年齢ごとに定められており、支給開始時期を遅らせて受給することも可能です。

老齢年金

  • 65歳までに経営移譲を行わなかった場合は、65歳から老齢年金が受給できます。

新制度(2002年1月1日施行)

老齢年金

  • 65歳から受給を希望する場合は、65歳到達日の翌月から受給することができます。
  • 65歳前に繰上げを希望する場合は、栗っこ農業協同組合への繰上げ請求日の翌月から受給することができます。

特例付加年金

  • 政策支援加入の方が経営継承を行った時から受給できます。
  • 原則的には、65歳に達した方が受給できますが、経営継承を65歳以降に行った場合は、その時から受給することとなります。
  • 60歳から65歳未満で経営継承を行った場合は、繰上げ請求することもできます。その場合には、老齢年金と併せて繰上げ請求することになります。 

独立行政法人 農業者年金基金 のサイト〔新しいタブ(ウィンドウ)で開く〕