農地を住宅等の建物敷地、駐車場、山林など農地以外の用地に転換する場合は、農業委員会経由で宮城県知事の許可(4ヘクタールを超える場合は農林水産大臣の許可)を受けなければなりません。
 農地法上では、農地の所有者が自ら農地を転用する場合を第4条転用所有者以外が農地を借受けたり、買受けたりして転用する場合を第5条転用といいます。

農地部会での審議

 農業委員会では、農地法第4条及び第5条の許可申請書が提出された場合は、毎月10日(休日等の場合は翌開庁日)までに申請された案件を同月の25日前後に開催する農地部会で審議し、意見を附して宮城県知事に送付します。
 それを県は、翌月の会議(常任会議員会議)で審議し、許可についての可否を判断されるという流れとなります。
 そのため、申請を受け付けてから許可の可否が決定されるまでには、おおむね2カ月ほどかかります。

農地転用の許可基準

 農地転用をする場合には、立地基準と一般基準があります。

立地基準

農用地区域内農地
  • 対象農地 農業振興地域整備計画で、農用地区域とされた区域内の農地
  • 許可方針 原則不許可
第1種農地
  • 対象農地 集団農地(10ヘクタール以上)、ほ場整備事業など公共事業対象農地、生産力の高い農地
  • 許可方針 原則不許可(土地収用法対象事業等公益性の高い事業の用に供する場合等は許可)
第2種農地
  • 対象農地 農業公共事業の対象となっていない小集団の生産性の低い農地など
  • 許可方針 第3種農地に立地困難な場合等に許可
第3種農地
  • 対象農地 都市的整備がされた区域内の農地、市街地にある農地
  • 許可方針 原則許可

一般基準(主なもの)

 次の基準に該当する場合は不許可となります。

  1. 転用の確実性が認められない農地(他法令の許認可の見込みがない場合や関係権利者の同意がない場合など)
  2. 周辺農地への被害防除措置が適切でない場合
  3. 一時転用の場合に農地への原状回復が確実と認められない場合

※ 詳細は、農業委員会事務局にお問い合わせください

無断で農地を転用した場合は

 許可を受けないで農地を転用した場合や、転用許可にかかる事業計画どおりに転用していない場合は、農地法に違反することとなり、国または宮城県知事から工事の中止や原状回復等の命令がなされる場合があります。
 違反転用や原状回復命令違反については、個人にあっては3年以下の懲役または300万円以下の罰金、法人にあっては1億円以下の罰金という罰則の適用もあります。

申請書類等

 次のファイルをダウンロードすると、許可申請書類等を確認いただけます。
 なお、申請の際は、事前に農業委員会事務局または各総合支所市民サービス課へお問い合わせください。

農地法第4条許可申請書類

タイトル ファイル名 コメント
農地法第4条許可申請書 01_4shinsei.doc [49KB docファイル] A4判 2ページ
事業計画書 02_4keikaku.doc [52KB docファイル] A4判 2ページ
農地法第4条許可申請について 03_4shinseinituite11.doc [50KB docファイル] A4判 2ページ

農地法第5条許可申請書類

タイトル ファイル名 コメント
農地法第5条許可申請書 01_5shinsei.doc [63KB docファイル] A4判 2ページ
事業計画書 02_5keikaku.doc [52KB docファイル] A4判 2ページ
農地法第5条許可申請について 03_5shinseinituite11.doc [57KB docファイル] A4判 2ページ
PDF形式のファイルを見るためには、Adobe Readerが必要です。
このリンクからAdobe Readerのダウンロードサイトを別ウィンドウ(タブ)で開きます。
リンク画像:アドビリーダーのダウンロードページへのリンク