ツキノワグマ・イノシシ出没情報

画像:ツキノワグマのイラスト 9月7日(木曜日)現在、市内でツキノワグマ(179件)・イノシシ(86件)の目撃・痕跡情報が寄せられております。 
 多くは、道路等の横断など、移動中の目撃情報ですが、人家近辺でも目撃されています。
 市内の山林へ入山する際は、地域の出没情報を確認しましょう。
 また、山に食べ物がなくなると人里に降りてきて農作物などを食べることがありますので、「ラジオを鳴らす」、「各種薬剤忌避剤を散布する」などの処理をとり、被害から身を守りましょう。

ツキノワグマ・イノシシ出没箇所情報

 次のファイルをダウンロードして、内容をご確認ください。

タイトル ファイル名 コメント
平成29年度ツキノワグマ出没情報一覧 20170908-202256.pdf [292KB pdfファイル] A4判 5ページ
2017年9月7日現在
平成29年度イノシシ出没情報一覧 20170908-202320.pdf [185KB pdfファイル] A4判 2ページ
2017年9月7日現在
PDF形式のファイルを見るためには、Adobe Readerが必要です。
このリンクからAdobe Readerのダウンロードサイトを別ウィンドウ(タブ)で開きます。
リンク画像:アドビリーダーのダウンロードページへのリンク

過去の出没情報

 前年度までの出没情報を次のファイルをダウンロードして、内容をご確認ください。

タイトル ファイル名 コメント
ツキノワグマ月別・地区別出没状況一覧 20170411-185940.pdf [84KB pdfファイル] A4判 1ページ
2017年3月31日現在
イノシシ月別・地区別出没状況一覧 20170411-190206.pdf [74KB pdfファイル] A4判 1ページ
2017年3月31日現在

クマの生態を知る

  • 聴覚・嗅覚が非常に優れている
  • 時速40キロメートルの速さで走れる
  • 雑食性で、多様な植物や動物を採食する

人身被害を防止するには

  • エサになるものは放置せず、残飯も持ち帰る
  • 入山予定地域のクマの生息情報を確認する
  • 山では自分の存在をアピールして、突然の遭遇を避ける

クマに遭遇したときには

  • 騒がない。大声をあげたり、クマに石や棒などを投げ付けることは危険です。
  • 子グマに出会ったら、絶対に近づいてはいけません。近くに必ず、母グマがいます。母グマは子グマに危害を加える可能性があるものに、攻撃を仕掛けます。
  • 慌てて逃げたりせず、クマに背中を見せずに向き合ったまま、ゆっくりと後退してください。クマとの距離を保つことで、お互いの興奮を鎮める効果があります。

関係リンク

 次のリンクをクリックすると、リンク先のページが新規ページで開きます。
 宮城県 のサイト内、環境生活部自然保護課 のページを開く(外部リンク)