下水道課に多く寄せられた質問と回答集です。

下水道に関しての質問

Q.下水道の供用開始日から3年以内に、必ず接続しなければなりませんか?

A.下水道法には、供用開始の告示日から3年以内に水洗化することが義務づけられています。ただし、さまざまな事情により接続できない場合もあります。栗原市の下水道条例では、罰則規定を定めていません。ただし、水洗化は一斉に行わないと環境・水質改善になりませんので、出来る限りすみやかに排水設備工事を行っていただくようお願いしています。新築や改築、結婚や出産などの機会に接続しましょう。 

浄化槽に関しての質問

Q.市設置型浄化槽事業区域に住んでいますが、個人負担で浄化槽を設置できますか?

A.できます。ただし「合併処理浄化槽設置整備事業(個人設置型)」のような補助金は交付されず、設置から維持管理まで全額お客様のご負担となります。

Q.浄化槽は、市の設置と個人負担の設置ではどちらが安いですか?

A.浄化槽は、市設置型のほか個人負担での設置が選択できますが、総合的に考えると市設置型の方が安く済みます。
 浄化槽の設置費用は、市設置型では受益者分担金のみご負担いただき、市で工事発注を行います。個人負担の設置では、工事費用の全額負担はもちろん、個人で工事発注も行わなければなりません。
 浄化槽の維持管理の経費は、法定検査費、保守点検費、清掃・汚泥引抜費が定期的に必要で、そのほかには機器類が故障した場合に修理費が生じます。例えば、ブロワーの耐用年数は平均7年で、修理・交換費は5万円程でます。市設置型は使用料をお支払いいただきますが、維持管理・修理費等は全て市の負担になります。

Q.旧町村で行っていた「浄化槽維持管理費補助金」は利用できますか?

A.合併前の一部旧町村で行われていた当該補助金は、市民負担の公平を期し栗原市一律のサービスにするために、2006年3月31日に廃止しました。