使用料金区分

 2014年4月1日から消費税率(地方消費税を含む)が現行の5パーセントから8パーセントに引上げられます。これに伴い、市では税負担の円滑で適正な転嫁を図るため、原則として消費税の課税対象となる「下水道使用料」について消費税増税分の引上げ後の使用料金表を次の表のとおり改定いたします。

区分 排水汚水量 金額
基本使用料金 10立方メートルまで 1,944円
超過使用料金 10立方メートルを超え20立方メートルまで 1立方メートルにつき205円
20立方メートルを超え50立方メートルまで 1立方メートルにつき216円
50立方メートルを超え200立方メートルまで 1立方メートルにつき237円
200立方メートルを超えるもの 1立方メートルにつき248円

 なお、2014年3月31日以前から継続してご使用の方は、7月検針による使用量の確定による、8月請求から上記料金となり、7月請求までは、改定前の次の表が使用料金表となります。

区分 排水汚水量 金額
基本使用料金 10立方メートルまで 1,890円
超過使用料金 10立方メートルを超え20立方メートルまで 1立方メートルにつき199円
20立方メートルを超え50立方メートルまで 1立方メートルにつき210円
50立方メートルを超え200立方メートルまで 1立方メートルにつき231円
200立方メートルを超えるもの 1立方メートルにつき241円

下水道の使用水量の決定方法

水道水のみ利用している場合

 水道水の使用により生じた汚水を下水道管に流している場合、下水道の使用水量は水道の使用水量と同量となります。

〔例〕4・5月に水道水45立方メートルを使用した場合の下水道等使用料金は?

 検針水量を2等分して各月の使用水量とします。(端数は前月へ)
 使用水量の45立方メートルを4月使用分23立方メートルと5月使用分22立方メートルに2等分します。

【4月使用分(6月請求分)】
基本使用料金 10立方メートルまで 1,944円
超過使用料金 11立方メートルから20立方メートルまで (205円×10立方メートル)2,050円
21立方メートルから23立方メートルまで (216円× 3立方メートル)648円
合 計 4,642円
【5月使用分(7月請求分)】
基本使用料金 10立方メートルまで 1,944円
超過使用料金 11立方メートルから20立方メートルまで (205円×10立方メートル)2,050円
21立方メートルから22立方メートルまで (216円× 2立方メートル)432円
合 計 4,426円

井戸水や沢水のみ(水道以外)利用している場合

 井戸水などの使用により生じた汚水を下水道等に流している場合、一般家庭の平均的な水道使用量を参考に、世帯人数と浴槽・トイレの有無に応じ、認定汚水量を定めています。
 排出汚水量認定基準(2月当たりの量)は次のとおりです。

世帯区分 認定汚水量
世帯員1人につき 8立方メートル
浴槽につき 8立方メートル
トイレにつき 4立方メートル

水道水と井戸水などを併用している場合

 水道水の使用水量と認定基準により計算した認定汚水量を比べ、どちらか大きい方を下水道等使用料算定の基礎となる排出汚水量とします。

〔例〕栗原太郎さんのお宅は5人家族で、4、5月の2カ月に水道水を45立方メートル使用し、井戸水も使用した場合の下水道使用料金は?

  1. 水道メーターによる水道水量…45立方メートル
  2. 世帯人数に応じて算出した認定汚水量…52立方メートル(40立方メートル+8立方メートル+4立方メートル)

 1より2の水量が大きいので排出汚水量は52立方メートルとなります。
 排出水量の52立方メートルを2等分すると、4、5月使用分ともに26立方メートルとなります。

【4月使用分(6月請求)】【5月使用分(7月請求)】ともに
基本使用料金 10立方メートルまで 1,944円
超過使用料金 11立方メートルから20立方メートルまで (205円×10立方メートル)2,050円
21立方メートルから26立方メートルまで (216円× 6立方メートル)1,296円
合 計 5,290円

排出汚水量申告書の提出

 宅内で、水道水以外の水(井戸水など)を使用し、下水道等へ排除している人で、次のいずれか該当する場合は、すみやかに『排出汚水量申告書』を提出してください。

  1. 世帯人数(実際に同居している人数)に変更があった場合
  2. 宅内で自家水(井戸水など)を使用していたが、すべて市水道に切り替えた場合

ご相談・お問い合わせなど

  • 家事用以外(店舗・会社や工場、大規模農家・畜産農家など)は、汚水排出量を正確に測定するための装置(排水汚水量積算メーター)を、取り付けていただくようお願いしています。
    ※ただし、新たなメーターの設置は自己負担となり、メーターは検定満期8年毎に更新していただく必要があります。設置予定がある場合には、上下水道部下水道課にご相談ください。
  • 育苗や畜産・製氷業・洗車場などさまざまな理由により、下水道等に流れない水道水が大量にある場合は、上下水道部下水道課へお気軽にご相談ください。使用者が不利にならないよう、適切な方法を提案します。

※下水道等使用料金の徴収事務は、下水道の徴収事務委任を受けている水道課業務係が行っています。支払い状況や口座振替などに関するお問い合わせは、水道課業務係へお願いします。