使用料は原則として水道使用量に応じて決まります。隔月(奇数月の20日から月末まで)に水道使用量を検針して、検針水量を2等分し各月の排水量とします。なお、端数は前の月に含めます。使用料は月ごと計算し、水道料金と併せて毎月ご請求します。

検針日と納入月

画像:検針日と納入月を図示したイラスト

 検針は、奇数月の20日から月末までの間に行います(5月から隔月で実施)。
 例えば、4月と5月に使用した水量を5月末に検針し、4月使用分は6月に、5月使用分は7月に納入していただきます。
 隔月検針への切り替えにより、平成22年5月の料金の納入はありません。
 2010年(平成22年)6月から、これまでどおり毎月のお支払いになります。

※下水道等使用料金の徴収事務は、下水道の徴収事務委任を受けている水道課業務係が行っています。支払い状況や口座振替などに関するお問い合わせは、水道課業務係へお願いします。