平成19年4月1日から、新たに紙製容器包装とプラスチック製容器包装の分別収集を開始していますが、追加した2品目の分別状況等についてお知らせします。

分別状況について

紙製容器包装

  • ダンボールが混入された状態で出されているものが見受けられます。
  • 紙製マークが付いていない紙製米袋(自家消費用)は、紙製容器包装として出すことはできませんので、細かくして燃やせるごみとして出してください。

プラスチック製容器包装

  • 汚れがひどい次のような物が出されていますので、そのような物は燃やせるごみとして出してください。

例) 納豆の容器(綺麗なふたは大丈夫)、ドレッシング・ソース・マヨネーズ・トマトケチャップ・油の入った容器、汁や食べ残しの入ったもの、弁当容器で油分が多く付着したものなど。
注) 上記以外の物でも、残り水などで軽く流して汚れの落ちない物は、悪臭の原因になりますので、燃やせるごみとして出してください。

  • プラスチック製容器包装ではないものが出されています。

例) ビニールひも、紙おむつなど
注) 紙おむつ製品は、包装用外袋にプラマークが表示されているので対象となりますが、紙おむつ本体は対象外ですので、汚物を取り除いて燃やせるごみとして出してください。

紙おむつの写真(紙おむつ本体は対象外であり、包装用外袋は対象となる)

排出状況について

紙製容器包装

  • 紙ひもで十字にしばられていないものが見受けられます。

プラスチック製容器包装

  • 燃やせるごみ指定袋、燃やせないごみ指定袋及びプラマーク表示のない袋などプラスチック製容器包装ではない袋に入れたまま、ごみ集積所の備付プラスチック製容器包装専用ネットに入れているものが見受けられます。

 家庭において、これらの袋などで分別保管をした場合、収集日にごみ集積所の備付プラ専用ネットに中身を移し替えてください。
 ただし、プラマーク表示のある袋(レジ袋など)に入れた場合、そのままごみ集積所の備付プラ専用ネットに入れてください

  • かさばった出し方が見受けられます。運搬等に支障をきたしておりますので、次の参考例のようにして出してください。
参考例

つぶしたり、細かくしたりすると、3つの袋が1つに納まります。

※家庭での保管及びごみ集積所に出す場合、つぶしたり、細かくしたりなるべく減容化(かさばり防止)に協力していただくようお願いします。