栗原市が管理する市道橋は、855橋(2016年3月現在)あります。
 橋梁長寿命化修繕計画を策定した498橋のうち、建設後50年を経過した高齢化橋梁は現在のところ10%ですが、10年後には約56%に達し、30年後には約73%となり、老朽化した橋梁が急速に増大することが懸念
されています。

PDF形式のファイルを見るためには、Adobe Readerが必要です。
このリンクからAdobe Readerのダウンロードサイトを別ウィンドウ(タブ)で開きます。
リンク画像:アドビリーダーのダウンロードページへのリンク

橋梁長寿命化修繕計画書(平成28年3月)

 橋梁の修繕にかかる費用を最小化し、道路交通の安全を確保するために、「橋梁長寿命化修繕計画」を策定しました。
 市ではこの計画に従い、計画的に橋梁の修繕を進めていきます。

タイトル ファイル名 コメント
橋梁長寿命化修繕計画 kyoryo_keikaku.pdf [652KB pdfファイル] 2016年3月 全16ページ
【第3版】