定期予防接種

  • 対象者には文書でお知らせします。
  • 個人負担はありません。

 各定期予防接種の対象年齢・回数などは、下記の表をご覧ください。

 定期予防接種ができる医療機関は、次のリンク先のページでご覧ください。
 定期予防接種ができる医療機関 のページ移動する

2016年(平成28年)10月1日からB型肝炎が定期予防接種となります

 これまで任意予防接種とされていたB型肝炎予防接種は、平成28年10月1日から国の予防接種法に基づき実施される定期予防接種となります。

B型肝炎定期予防接種対象者と受け方
B型肝炎について

B型肝炎ウイルスの感染を受けると急性肝炎となりそのまま回復する場合もあれば、慢性肝炎となる場合があります。一部劇症肝炎といって激しい症状から死に至ることもあります。また症状としては、明らかにならないままウイルスが肝臓の中に潜み、年月を経て慢性肝炎・肝硬変・肝がんなどになることがあります。年齢が小さいほど、急性肝炎の症状は軽いか、あるいは症状はあまりはっきりしない一方、ウイルスがそのまま潜んでしまう、持続感染の形を取りやすいことが知られています。

対象者

平成28年4月1日以降に生まれたお子さんで1歳に至るまでの間にある方が接種対象です。

接種期間

接種期間 接種回数 標準的な接種時期と接種間隔
平成28年10月1日から通年実施 3回

1回目 生後2か月以降
2回目 1回目の接種から27日以上の間隔をおいて接種

3回目 1回目の接種から20~24週の間隔をおいて接種

注意事項

(1)HBs抗原陽性の母親から生まれたお子さんで、健康保険でB型肝炎ワクチンの予防接種を受けたことのある方は対象となりません。

(2)すでに任意接種として接種したB型肝炎予防接種については、受けた回数分の接種を完了したものとみなして、残りの回数分を接種していただくこととなります。

  • 3回接種を行っている方
     すでに定期接種は終了しているものとみなされ、定期接種の対象となりません。
  • 2回接種を行っている方
     2回の定期接種を行っているものとみなされます。残り1回を接種します。
  • 1回接種を行っている方
     1回の定期接種を行っているものとみなされます。残り2回を接種します。

お知らせ(平成25年6月14日付け)

 厚生労働省からの通知により、子宮頸がん予防ワクチンの接種について「副反応の発生により適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきではない」との指示が出されました。
 すでに、接種を行い接種途中の方は残りの接種回数を接種する際は、接種医師と有効性とリスクを確認したうえで接種してください。
 未接種の方については、予防接種の積極的勧奨が始まりましたら、お知らせいたしますのでその後、接種を開始してください。

 詳しい内容は、次のPDFファイルをご確認ください。

タイトル ファイル名 コメント
子宮頸がん予防ワクチンリーフレット sikyukeiganyobo.pdf [1379KB pdfファイル] A4判 2ページ
PDF形式のファイルを見るためには、Adobe Readerが必要です。
このリンクからAdobe Readerのダウンロードサイトを別ウィンドウ(タブ)で開きます。
リンク画像:アドビリーダーのダウンロードページへのリンク

種別ごと接種年齢・回数など

種別 接種対象年齢/接種間隔/接種回数 備考
BCG 生後1年に至るまでの間/1回
(標準的な接種期間)生後5カ月から8カ月に至るまで
 
Hibワクチン

生後2カ月から60カ月(5歳)に至るまで

  1. 初回接種開始が生後2カ月から7カ月に至るまでの場合
    初回接種:生後12カ月に至るまでの間に27日(医師が必要と認めた場合は20日)以上の間隔をおき接種/3回
    (標準的な接種間隔)27日以上、56日までの間隔をおく
    追加接種:初回接種終了後7カ月以上の間隔をおき接種/1回
    (標準的な接種間隔)7カ月以上、標準的には13カ月までの間隔をおく
  2. 初回接種開始が生後7カ月に至った日の翌日から生後12カ月に至るまでの場合
    初回接種:生後12カ月に至るまでの間に27日(医師が必要と認めた場合は20日)以上の間隔をおき接種/2回
    (標準的な接種間隔)27日以上、56日までの間隔をおく
    追加接種:初回接種終了後7カ月以上の間隔をおき接種/1回
    (標準的な接種間隔)7カ月以上、標準的には13カ月までの間隔をおく
  3. 初回接種開始が生後12カ月に至った日の翌日から生後60カ月に至るまでの場合
    1回接種(追加接種なし)
初回接種時の月齢により接種回数が異なります
小児肺炎球菌ワクチン 生後2カ月から60カ月(5歳)に至るまで
  1. 初回接種開始が生後2カ月から7カ月に至るまでの場合
    初回接種:27日以上の間隔をおき接種/3回(標準的には初回接種は生後12カ月までに接種を完了する)
    追加接種:初回接種終了後60日以上の間隔をおいたあとであって、生後12カ月に至った日以降に接種/1回
  2. 初回接種開始が生後7カ月に至った日の翌日から生後12カ月に至るまでの場合
    初回接種:27日以上の間隔をおき接種/2回(標準的には初回接種は生後12カ月までに接種を完了する)
    追加接種:初回接種終了後60日以上の間隔をおいたあとであって、生後12カ月に至った日以降に接種/1回
  3. 初回接種開始が生後12カ月に至った日の翌日から生後24カ月に至るまでの場合
    初回接種:60日以上の間隔をおき接種/2回(追加接種なし)
  4. 初回接種開始が生後24カ月に至った日の翌日から生後60カ月に至るまでの場合
    1回接種(追加接種なし)
初回接種時の月齢により接種回数が異なります
三種混合(1期初回)

生後3カ月から90カ月に至るまで
初回接種:20日以上の間隔をおき接種/3回
(標準的な接種期間)生後3カ月に達した時から生後12カ月に達するまでの期間
(標準的な接種間隔)20日以上、標準的には56日までの間隔をおく
追加接種:初回接種(3回)終了後、6カ月以上の間隔をおき接種/1回
(標準的な接種期間)初回接種(3回)終了後、12カ月に達した時から18カ月に達するまでの期間

 
二種混合 11歳から12歳(小学校6年生の時期)/1回  
4種混合

生後3カ月から90カ月に至るまで
初回接種:20日以上の間隔をおき接種/3回
(標準的な接種期間)生後3カ月に達した時から生後12カ月に達するまでの期間
(標準的な接種間隔)20日以上、標準的には56日までの間隔をおく
追加接種:初回接種(3回)終了後、6カ月以上の間隔をおき接種/1回
(標準的な接種期間)初回接種(3回)終了後、12カ月に達した時から18カ月に達するまでの期間

 
不活化ポリオワクチン
(単抗原)

生後3カ月から90カ月に至るまで
初回接種:20日以上の間隔をおき接種/3回
(標準的な接種期間)生後3カ月に達した時から生後12カ月に達するまでの期間
追加接種:初回接種(3回)終了後、6カ月以上の間隔をおき接種/1回
(標準的な接種期間)初回接種(3回)終了後、12カ月に達した時から18カ月に達するまでの期間

4種混合ワクチンを接種する場合は

不活化ポリオワクチンを接種する

必要はありません

水痘(水ぼうそう)

ワクチン

1回目 生後12月から生後15月に達するまでの間に接種
2回目 1回目接種後6月から12月の間隔をおいて接種
 
麻しん・風しん混合
(第1期)
生後12カ月から24カ月未満/1回 1歳になったら早めに接種しましょう
麻しん・風しん混合
(第2期)
5歳以上7歳未満で小学校就学前の1年間/1回 年度の4月から6月までに接種しましょう
日本脳炎(1期)

生後6カ月から90カ月に至るまで
初回接種:6日以上の間隔をおき接種/2回
(標準的な接種期間)3歳に達した時から4歳に達するまでの期間
(標準的な接種間隔)6日以上、標準的には28日までの間隔をおく
追加接種:初回接種(2回)終了後、6カ月以上の間隔をおき接種/1回
(標準的な接種期間)4歳に達した時から5歳に達するまでの期間
(標準的な接種間隔)初回接種(2回)終了後、おおむね1年の間隔をおく

 
日本脳炎(2期)

9歳以上13歳未満/1回
(標準的な接種期間)9歳に達した時から10歳に達するまでの期間 

 
子宮頸がん予防ワクチン

小学6年生から高校1年生相当の女子/3回
(標準的な接種年齢)中学1年生の間

  • 組み換え沈降2価ヒトパピローマウィルス様粒子ワクチン(サーバリックス®)
    1カ月の間隔をおき2回行った後、初回1回目から6カ月の間隔をおき1回行う
  • 組み換え沈降4価ヒトパピローマウィルス様粒子ワクチン(ガーダシル®)
    2カ月の間隔をおき2回行った後、初回1回目から6カ月の間隔をおき1回行う
接種するワクチンにより接種間隔が異なります
B型肝炎ワクチン

生後2か月から生後12月に至るまで 3回接種

1回目 生後2か月以降

2回目 1回目の接種から27日以上の間隔をあける

3回目 1回目の接種から20~24週の間隔をあける

 

接種済みの回数により接種回数は異なります

接種にあたっての注意

  • できるだけ標準的な接種期間及び標準的な接種間隔を参考に接種を受けるようにしましょう。
  • 不活化ポリオワクチンの接種について
    従来の生ワクチンを2回接種した方は、不活化ワクチンの接種は不要です。
    生ワクチンの接種を1回終えている人は、不活化ワクチンを1回終えていることになるので、2回目と3回目及び追加の接種を行ってください。
  • 日本脳炎の予防接種で、中止時期に接種機会がなかった方〔1995年(平成7年)4月2日から2007年(平成19年)4月1日生まれの方〕で日本脳炎1期が未接種の人は、上の表にある標準的な年齢外でも接種できます。
    詳しくは、お近くの保健推進室にお問い合わせください。

任意予防接種の接種費用や実施指定医療機関など

 次のリンク先のページで、ご覧ください。
 任意予防接種の費用を助成 のページへ移動する

問い合わせ先

各保健推進室
 築館・志波姫 電話:0228-22-1171(築館総合支所内)
 若柳・金成 電話:0228-32-2126(若柳総合支所内)
 栗駒・鶯沢 電話:0228-45-2137(栗駒総合支所内)
 高清水・瀬峰 電話:0228-58-2119(高清水総合支所内)
 一迫・花山 電話:0228-52-2130(一迫総合支所内)