指定文化財とは

 埋蔵文化財を除く、有形文化財(建造物・絵画・工芸物、古文書など)、無形文化財(演劇、音楽、工芸技術など)、民俗文化財(風俗、慣習など)、記念物(史跡、名勝、動植物など)の中で、重要なものとして国・県・市から指定を受けているもの。 

手続き・届け出

 現状を変更する時や修理・き損の際、また所有者が変更したときなどに、届け出が必要になります。
 栗原市指定文化財に係る申請書類などは、次の栗原市文化財保護条例施行規則をご確認ください。
 また、国および県指定文化財に関する申請・申請書類などは、文化財保護課(ページ下の問い合わせ先)へ、お問い合わせください。

次のリンクをクリックすると、リンク先のページに移動します。
「栗原市の例規集」のページ に移動する