ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム栗原市

  • 文字を小さく
  • 文字を元に戻す
  • 文字を大きく
ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
このページの場所は次のとおりです ここからページの本文です

下水道などの汚水処理事業

汚水処理施設の種類と役割

イラスト:下水道マスコットキャラクター「スイスイ」

 私たちが毎日の生活で使った水(生活雑排水や、し尿)を「汚水」といいます。
 汚水が河川などに放流されると、自然水と混合されて時間の経過とともに浄化されます(自浄作用)。しかし、河川などがもつ自浄作用の能力を超えた多量の汚水などが流入すると、水質汚濁が進行してしまいます。快適で衛生的な生活を営むためには、汚水処理施設が必要になります。

 汚水処理施設には、下水道農業集落排水施設浄化槽などがあります。
 各家庭などから排出された汚水を管きょで集水して一括処理する仕組みを集合処理といい、下水道農業集落排水施設などが該当します。一方、建物の敷地内で処理する仕組みを個別処理といい、浄化槽がその一つです。

イラスト:魚とスイスイ

 汚水処理施設を整備することで汚水が溜まらなくなり、カ・ハエなどの害虫や悪臭の発生を防ぎ、河川や湖、田畑や街が清潔に保たれます。
 汚水処理施設は、見えないところで私たちの快適な生活を支えています。

 すべての家庭で水洗化していただくと、快適で衛生的な生活ができることはもちろん、川や海の水を汚さずに処理施設で処理された水を放流することで、きれいな水の循環ができ、美しい栗原の自然を、美しいまま子どもたちや孫たちの世代へ引き継ぐことができます。
 皆さまのご協力をお願いいたします。

悪徳業者の訪問や不審な電話にご注意を

 最近、下水道の点検や清掃などと称して各家庭を回り、宅地内の排水管や汚水ますなどの清掃を強引に勧める業者がいます。宅地内の排水管や汚水ますなどの排水設備は、各家庭で点検・清掃などの維持管理を行なうことになっておりますが、市では排水設備の点検・清掃などの斡旋・委託は行っていません。「市から依頼された」「市役所から来た」などと言う業者が訪問してきた場合、慎重に対応し、すぐに下水道課へご連絡ください。 

「地方公営企業の抜本的な改革等の取組状況」の公表

 総務省からの通知に基づき、地方公営企業の抜本的な改革等の取組状況(公共下水道事業、特定環境保全公共下水道、農業集落排水事業、合併処理浄化槽事業)を公表しています。

栗原市下水道事業経営戦略について

 栗原市では、下水道事業が将来にわたってサービスを安定的に継続できるよう、中長期的な経営の基本計画である「栗原市下水道事業経営戦略」を策定しました。
ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です

栗原市役所

〒987-2293 宮城県栗原市築館薬師一丁目7番1号 (みやぎけん くりはらし つきだて やくしいっちょうめ 7ばん1ごう)
電話:0228-22-1122(代表) ファクス:0228-22-0312(総務部総務課)
■業務時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分
■休みの日:土曜日・日曜日、国民の祝日・休日、年末年始(12月29日から1月3日)
栗原市への交通手段 市役所の電話番号一覧

ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる