栗原地域の医療の受け方

 病院にかかる時は、まずかかりつけ医、高度の医療が必要な場合は地域中核病院(栗原中央病院)、さらに大学病院へ。病院の役割分担が進んでいます。

一般診療体制について

まずは、かかりつけ医の診察を受けましょう(医院・診療所)

 「かかりつけ医」とは、住民の健康を管理する身近な医師のことです。診察以外にも健康診断、病気の予防、生活指導など、総合的な相談ができます。自分や家族のかかりつけ医をもちましょう。
 かかりつけ医は、専門的な診察が必要な時には、すみやかに適切な専門医を紹介します。また、介護・福祉への橋わたし役を果たしていきます。

高度な診察が必要な場合は、かかりつけ医から地域中核病院へ

 かかりつけ医が何らかの高度な診察が必要だと判断したときは、地域中核病院へ紹介してもらいます。地域中核病院は、複数の診療科や高度な医療機器を備えた病院です。保健・福祉分野や診療所・医院と連携して、地域医療の拠点としての役割を担います。
 地域中核病院での診察や治療が終わったときや、症状が安定したときには、地域中核病院からかかりつけ医に紹介して、かかりつけ医で診察や治療を受けるようになります。

(地域中核病院)

  • 市内:栗原中央病院、若柳病院、栗駒病院、石橋病院、県立循環器・呼吸器病センター
  • 市外:大崎市民病院、岩手県立磐井病院、一関病院、石越病院
さらに高度で専門的な診察が必要な場合は、特定機能病院へ

 特定機能病院とは、「高度先進医療」など新しい医療技術を開発し提供するとともに、地域の医療施設との連携を深めて機能分化を図る病院です。宮城県では、東北大学病院がこれにあたります。
 特定機能病院での診察や治療が終わったときや、症状が安定したときには、特定機能病院から地域中核病院やかかりつけ医に紹介して、診察や治療を受けるようになります。

救急医療体制について

 救急医療では、救急車で患者を搬送する際に、その症状に応じて、搬送する病院を選択します。また、かかりつけ医が救急と判断したときも同様です。救急医療での各病院の機能は次のとおりです。

  1. 初期救急医療機関
     …医院、診療所、民間病院
  2. 二次救急医療機関
     …栗原中央病院、若柳病院、栗駒病院
  3. 三次救急医療機関
     …大崎市民病院救命救急センター、県立循環器・呼吸器病センター
  4. 東北大学病院

病院の機能

1次医療
医療機関

 かかりつけ医、医院、クリニックや診療所など

主な機能

 日常の診察 、簡単な救急医療、健康診断・健康相談、一般的な入院医療など

  • 病状の安定した慢性期疾患の治療(外来・訪問)
  • 急性疾患の治療(外来)
  • 緊急時の往診
  • 2次医療機関への患者紹介
  • 住民の健診とその事後措置
  • 学校健診とその事後措置
  • 保健師、栄養士、理学療法士、作業療法士などへの指導、助言
2次医療
医療機関

 栗原中央病院、若柳病院、栗駒病院、県立循環器・呼吸器病センター、岩手県立磐井病院など

主な機能

 専門的な検査や治療、入院医療、連携病床の確保など

  • 専門的な検査や治療を行う一方で、各医療機関と連携しながら、適切な医療を提供します。

 (療養病床)
  栗原中央病院、若柳病院、栗駒病院には、慢性病や高齢者向けに長期入院、療養する病床があります。

3次医療
医療機関

 東北大学病院、大崎市民病院、仙台医療センター、仙台市立病院、仙台赤十字病院など

主な機能

 高度な検査や治療、先進医療、専門的医療など

  • 2次医療機関では対応できない複数の診療科にわたる重篤な患者に、高度な医療を総合的に提供します。 この医療機関では、救命救急センターを併設しています。

《病院・診療所・医院》の受け方・かかり方について

 次のリンクから、『《病院・診療所・医院》の受け方・かかり方について』のPDFファイルをダウンロードできます。

タイトル ファイル名 コメント
《病院・診療所・医院》の受け方・かかり方について dr3_2012.pdf [3466KB pdfファイル] A4判 16ページ
PDF形式のファイルを見るためには、Adobe Readerが必要です。
このリンクからAdobe Readerのダウンロードサイトを別ウィンドウ(タブ)で開きます。
リンク画像:アドビリーダーのダウンロードページへのリンク