栗原市職員採用試験〔社会人〕

 次の内容で、平成30年度の栗原市職員採用試験(社会人)を行います。

試験区分と採用予定人数

職種 採用予定人員 職務内容
社会人試験 建築 若干名 建築分野の技術的・専門的業務に従事します。
土木 若干名 土木分野の技術的・専門的業務に従事します。

注意 採用予定人員は現時点での予定であり、今後、変更することがあります。

受験資格

  • 建築
    次の(1)及び(2)の要件を満たす方 
    (1)1973年(昭和48年)4月2日から1983年(昭和58年)4月1日までに生まれた方で、建築士の資格を有する方
    (2)民間企業等での建築一式工事の設計又は施工管理の職務経験が直近7年(平成23年7月1日から平成30年6月30日まで)中に5年以上ある方
  • 土木
    次の(1)及び(2)の要件を満たす方 
    (1)1973年(昭和48年)4月2日から1983年(昭和58年)4月1日までに生まれた方で、土木管理施工管理技士の資格を有する方
    (2)民間企業等での土木関係の設計又は施工管理等の職務経験が直近7年(平成23年7月1日から平成30年6月30日まで)中に5年以上ある方
  •  職務経験について
    (1)「職務経験」には、会社員、自営業者、アルバイト、パートタイマー、公務員等として、週33時間45分以上の勤務(就業規則で定められた勤務時間。残業時間を除く。)を1年以上継続して勤務した経験が該当し、これらの職務経験期間が、直近7年(平成23年7月1日から平成30年6月30日まで)通算5年以上あることを要します。(1か月未満のに数は、30日を1か月として計算します。)
    (2)複数の職務経験がある場合は通算することができますが、同一期間に複数箇所で勤務した場合は、通算できるのはいずれか一つの職務経験のみです。
    (3)休業等(傷病休暇、育児休業等)のために従事しなかった期間が1か月以上ある場合は、就業規則等で認められたものであっても、その期間は職務経験には通算できません。(産前産後休業の期間は通算できます。)この場合、当該休業等に引き続く前後の勤務期間は職務経験に通算できます。
    (4)最終合格発表後、職務経験期間の確認のため、前歴証明書等を提出していただきます。

次のいずれかに該当する人は応募できません

  • 日本国籍を有しない方
  • 成年被後見人または被保佐人(準禁治産者を含む)
  • 禁固以上の刑に処せられ、その執行を終わるまでの方、またはその刑の執行猶予の期間中の方、その他その執行を受けることがなくなるまでの方
  • 栗原市職員として懲戒免職の処分を受け、その処分の日から2年を経過しない方
  • 日本国憲法またはその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、またはこれに加入した方

試験の方法

試験は、第1次試験、第2次試験とし、第2次試験は第1次合格者に対してのみ行います。

【第1次試験】

職種 試験 方法 試験時間
建築、土木 教養試験
(75分)
社会についての関心や基礎的・常識的な知識、職務遂行に必要な基礎的な言語能力・論理的思考について、4肢択一式による筆記試験を行います。 午前10時~11時15分
事務適性検査
(10分)
職務遂行に必要な適性について検査します。 午前11時35分~11時45分
職場適応性検査
(20分)
午後0時00分~0時20分

【第2次試験】

職種 試験 内容
建築、土木 作文試験
(1時間)
文章による表現力、内容構成などの能力について、作文による筆記試験を行います。
人物試験 個別面接により、主として人物について試験を行います。
健康診断 健康診断書に基づいて、職務遂行に必要な健康度を有するかどうかについて審査を行います。
資格調査 受験資格の有無、受験申込書に記入された内容の真否などについて調査します。

試験の日時と場所

【第1次試験】

  • 日時 9月16日(日曜日)午前10時から試験開始 ※午前9時から受付、試験説明は午前9時45分から
  • 場所 栗原市立築館中学校〔栗原市築館高田二丁目8番1号〕 「栗原市わが街ガイド」で地図を表示

【第2次試験】

  • 日時・会場の詳細は、第1次試験合格者に通知します。試験日は、10月下旬から11月上旬を予定しています。

合格者の発表

  • 第1次試験合格者の発表は、10月19日(金曜日)に市役所前掲示板への掲示および、市ウェブサイトに掲載するほか、合格者に通知します。(発表はこれより早くなる場合があります。)
  • 最終合格者の発表は、11月9日(金曜日)に市役所前掲示板への掲示および、市ウェブサイトに掲載するほか、合格者に通知します。(発表はこれより遅くなる場合があります。)

試験結果の開示

 この試験の結果については、栗原市個人情報保護条例により、口頭で開示を請求することができます。

開示を請求する場合は、受験者本人が原則として受験票を持参の上、午前8時30分から午後5時15分までの間に、次の開示場所に直接おいでください。

試験 開示請求できる人 開示内容 開示受付期間 開示場所
第1次試験 第1次試験不合格者 順位と得点 合格発表の日から1カ月間 栗原市役所2階 総務部人事課
第2次試験 第2次試験受験者 順位と得点 合格発表の日から1カ月間 栗原市役所2階 総務部人事課
  • 閉庁日(土曜日・日曜日および国民の祝日に関する法律に規定する祝日)には、受け付けいたしません。なお、電話・はがきなどによる開示の請求はできません。

合格者の発表から採用までの手続き

  • 最終合格者は、任用候補者名簿に登録され、そのうちから採用者が決定されます。したがって、最終合格者全員が採用されるとは限りませんので注意してください。なお、任用候補者名簿の有効期限は、原則として1年間です。
  • 採用は、2019年(平成31年)4月1日の予定です。

採用時の給与

 (1)初任給は、採用前の職務経験に応じて決められます。その額は、おおむね次のとおりです。

採用時年齢 職務経験年数 初任給(現行額)
35歳 民間企業等の職務経験が14年 238,900円

 (2)上記(1)のほかに、給与条例の定めに従い扶養手当・通勤手当・住居手当・期末手当および勤勉手当などを支給します。また、民間などにおける職歴がある場合や大学卒業者などの場合は、一定の基準により職歴期間や就学期間を加算の上、初任給が決定されます。

受験手続きおよび受付期間

  • 受験申込書の配布
     受験申込書は、栗原市総務部人事課または各総合支所市民サービス課窓口で配布します。
     郵便で請求する場合は、封筒の表に「職員採用統一試験(社会人)受験申込書請求」と朱書きし、120円切手を貼り宛先を明記した返信用封筒(A4サイズが入る大きさ)を必ず同封して、栗原市総務部人事課あて請求してください。
  • 受験申込先
     栗原市総務部人事課あて
     〒987-2293 宮城県栗原市築館薬師一丁目7番1号
  • 受付期間 7月2日(月曜日)から8月6日(月曜日)まで
     申込受付は、平日の午前8時30分から午後5時15分までです。閉庁日(土曜日、日曜日および国民の祝日に関する法律に規定する祝日)には、受け付けいたしません。
     郵便の場合は、8月6日(月曜日)までに上記の受験申込先に届いたものに限り受け付けいたしますので、「書留郵便」などの確実な方法でお申し込みください。
  • 提出書類など
    【受験申込書】1部
    【職務経歴書】1部
     所定の受験申込書および職務経歴書を使用してください。受験申込書等に必要事項を記入し、所定の箇所に写真を貼ってください。写真のない場合は受け付けできません。郵便で受験申込書等を提出する場合は、82円切手を貼り宛先を明記した返信用封筒(長3封筒)を同封してください。
  • 受験料不要

その他

  • 申し込みを受理された受験申込者には、受験票を交付します。
  • 第1次試験の持ち物などは、受験票裏面の「試験当日の受験心得」をご覧ください。ただし、次の2点については、かぎ括弧内のとおり訂正します。
    • 昼食「試験時間を確認の上、各自判断してください。」
    • 駐車場「確保していますが、駐車台数には限りがあります。」
  • この試験に関する問い合わせは、総務部人事課でお答えいたします。なお、郵便で問い合わせる場合は、必ず宛名を明記した往復はがきを使用するか、82円切手を貼って宛名を明記した返信用封筒(長3号封筒)を同封してください。

受験申し込み・問い合わせ

  •  総務部人事課(下の問い合わせ先)まで