河川工事等で発生する伐採木を一般提供します(宮城県からのお知らせ)

 河川内の樹木は,洪水の流勢を緩和させる機能や、河川の生態系保全や良好な景観の形成などに重要な役割を果たす一方、流水の阻害となり洪水被害拡大の要因となり、河川を良好な状態に保つため、流水の支障となる樹木を伐採しております。
 従来は、伐採木を処分場等で適正に処理をしていましたが、伐採木の処分費用が業務費の大半を占めることから、これまでは河川管理費のコスト削減として、伐採木の一般提供に取り組み、薪ストーブの燃料やキノコのほだ木等として一般提供してきました。
 しかし、東日本大震災後の福島第一原子力発電所事故以降、放射性物質の影響が懸念されたため、一般提供を休止しておりました。
 県では、支障木伐採時に放射性物質のモニタリング調査を継続して実施しており、今年度14箇所の伐採箇所の調査結果では基準値(40Bq/kg)を下回ったことから、伐採木の一般配布が可能と判断したため、提供を行うこととなりました。

提供を行う場所

  • 迫川 栗原市金成姉歯巻ノ上 
  • 二迫川 栗原市築館富上境 
  • 三迫川 栗原市栗駒岩ヶ崎成田
  • 長崎川 栗原市一迫柳目曽根北川原

提供期間

  • 平成30年2月5日(月曜日)から平成30年3月16日(金曜日)まで
    平日午前10時から午後3時まで

申し込み方法

下記の申込方法により、申し込みをお願い致します。
【来所及び郵送による申し込み 】

  • 申込場所 栗原合同庁舎 3階
  • 受付 北部土木事務所栗原地域事務所 河川砂防班
  • 住所 〒987-2251 宮城県栗原市築館藤木5-1

【電話連絡・ファクスによる申し込み】
 北部土木事務所栗原地域事務所 河川砂防班
 電話 0228-22-2193
 ファクス 0228-22-9049

詳しい情報は、次のリンク先でご確認ください

 宮城県公式ウェブサイト(別タブ(ウィンドウで開く))