東北神楽大会

 宮城県北や岩手県南などの神楽保存会団体が参加し、伝承の技を競う大会で毎年八朔(はっさく)の日に開催されます。(八朔の朔は「ついたち」という意味で、八朔とは旧暦の8月1日のことです。)八朔は、一年の収穫が予想できる時期、農家の仕事を休む日のことで、昔はこの日に行事が催されていたそうです。

【問い合わせ先】
 東北神楽普及会 電話:0228-45-1268