くりはら遺跡発掘 平成28年度の発掘調査展

画像:くりはら遺跡発掘展チラシ

 栗原市内には約550か所もの遺跡があり、毎年度市内各地で発掘調査をしています。
 今回の企画展では、平成28年度に文化財保護課で実施した発掘調査の中から、主な遺跡の最新調査成果を紹介します。清水山Ⅰ遺跡(瀬峰)、大穴山遺跡(花山)、伊治城跡(築館)、白坂城跡(築館)、花栗遺跡(一迫)、大寺・筒の池遺跡(高清水)の調査成果と遺物の展示を行います。併せて、栗原市内から出土した古墳時代中期の遺物も展示します。
 栗原の歴史にふれることができる機会ですので、ぜひお立ち寄りください。

  • 期間 7月25日(火曜日)~8月27日(日曜日)
  • 開館時間 午前9時30分~午後4時30分
  • 休館日 毎週月曜日・祝祭日
  • 場所 一迫埋蔵文化財センター(山王ろまん館)
         「栗原市わが街ガイド」で地図を表示
  • 観覧料 一迫埋蔵文化財センター(山王ろまん館)観覧料がかかります
    • 一般 200円(団体:160円)
    • 小中学生・高校生 100円(団体:80円)

※団体は20人以上  
観光案内「山王史跡公園」の栗原市一迫埋蔵文化財センター(山王ろまん館)の項目へ移動する

次のファイルからチラシをダウンロードできます。

タイトル ファイル名 コメント
企画展くりはら遺跡発掘 20170706-084040.pdf [32533KB pdfファイル] A4判 1ページ
PDF形式のファイルを見るためには、Adobe Readerが必要です。
このリンクからAdobe Readerのダウンロードサイトを別ウィンドウ(タブ)で開きます。
リンク画像:アドビリーダーのダウンロードページへのリンク