高清水互市

画像:互市の様子 江戸時代末期、火災や飢饉で疲弊した人たちを救おうと始められ、以来毎年3月と10月の各29・30日の2日間行われます。
 牟良左喜(むらさき)神社の祭礼の時期にあわせ開催され、会場の高清水中学校通り沿いには、竹細工や木工品などの日用品や農産物を販売する20から30の露店が軒を並べ盛況です。
 また、この高清水互市は県下の中でも最古とされ歴史を誇るものです。

【問い合わせ先】
仙北街商協同組合  電話 0228-32-5143